BLOG
CATEGORIES
ARCHIVES
無事終了

 

「コットンフレンド春号」の連載ページで提案させていただいた、バケツバッグのワークショップを無事に終えました。

バッグとしても、収納ケースとしても使える、爽やかな配色のバッグです。

148cmもの長さの持ち手は、2ウェイでお使いいただけます。

写真のように、二重でハトメに通してワンショルダーにしても良し、

1本のまま、両端をそれぞれ左右のハトメに通して結び、斜め掛けにしても良し。

洗濯や掃除の用具入れにしても良いと思います。

 

 

 

 

このバッグのちょっぴり大変な作業は、外ポケットのパーツを組み合わせるところ。

それぞれのパーツの横幅が、ほんの少しだけサイズが違うのです。

パーツの順番を間違えないように、きちんと並びを確認しながらお作りいただきました。

そして最も大変な作業は、表本体と表底を縫い合わせるところ。

縫い合わせのコツをお伝えし、皆さま、きれいに丸底を付けることができましたよ。

皆さま、無事に完成!!

ぜひ、愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました♪

| WORKS | 23:06 | comments(0) |
ヴォーグ学園東京校

 

 

毎月第一金曜日は、ヴォーグ学園東京校の日。

新しく3名の方を迎え、今期のレッスンが始まりました。

いつも初回のレッスンでお作りいただくのは、帆布で作るリバーシブルの2wayバッグ。

富士金梅ブランドの帆布をベースに、点と線模様製作所さんの刺繍生地bird gardenをデザインポイントにしたバッグです。

 

 

 

 

リバーシブルにすると、帆布のバイカラーになっております。

片面には、ホック付きの大きなポケットがありますよ。

皆さん、無事に完成されました。

ぜひ、愛用してくださいね。

 

 

 

 

恒例?のランチ後のおやつの時間。

kibi cafeのきょうこちゃんに作っていただいたのは、そば粉のガレット。

ドリンクには、三毛猫珈琲本舗の陽だまりオーガニックブレンドとハーブティを。

お饅頭やチョコなどの差し入れもいただきました。

(ありがとうございます♪)

 

来月は、ゴールデンウィーク明けの10日がレッスン日。

危うく、忘れそうになりました。

危ない、危ない…

| WORKS | 23:39 | comments(0) |
ホビーショー2019

 

既にnewsでお伝えしておりますが、ホビーショーで3日間、ワークショップをさせていただきます。

シャッペスパンでお馴染みの糸メーカー、(株)フジックスさんのブースで帆布のポーチをお作りいただきます。

本体は富士金梅の10号帆布、底布は倉敷帆布さんとコラボでお作りしたオリジナルのストライプリネン帆布

ファスナーは、ホビーショーのために、色と引手を選んでオーダーしたものをお使いいただきます。

ポーチの詳細は、ぜひnewsをご覧くださいね。

 

 

 

制作時間は、1時間半という短い時間を予定しておりますが、ご安心ください。

フジックスさんが、至れり尽くせりでキット準備をしてくださっております。

 

生地はすべて、カット済み、接着芯貼り済み、印付け済み、

ファスナー横には、ホック付きのタブを付け済み(ステッチは生成)、

底布のストライプリネン帆布の縫い代は、折ってメルターで接着済み、

ホック土台布の一部の縫い代も折り済み…

 

ステッチカラーは、シャッペスパン30番の6色の中からお選びいただけます。

こちらのツイッターよりステッチカラーをご覧いただくことができますよ。)

お使いいただくミシンは、蛇の目ミシンさんンの高級家庭用ミシン「ホライズン7700」です。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

| WORKS | 09:58 | comments(0) |
無事終了

 

ヴォーグ学園東京校で開催された、つくりて市 Vol.4のワークショップを無事に終えました。

長机と職業用ミシンをお一人につき1台と、ゆったりとしたスペースでお作りいただきましたよ。

 

 

 

お作りいただいたバッグは、『毎日使いたいバッグ&ポーチ」(ブティック社)の中の作品、丸底巾着バッグです。

オリジナルのボーダー織クロスをバイアス裁ちした本体と、バイカラーがデザインポイント。

袋口をしぼって使うこともできる、2ウェイ仕様です。

ミシン糸は、厚手の縫い合わせに適したシャッペスパン30番

ネイビーベースは161.アイスグレーを、ベージュベースは275.ベージュをお使いいただきました。

 

皆さん、ぜひ愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました♪

| WORKS | 23:56 | comments(0) |
「第6回倉敷帆布生地祭り」ワークショップ無事終了

久しぶりの更新です。

心待ちにしていた、岡山県倉敷市でのワークショップを無事に終えました。

 

photo by 倉敷帆布さん

 

お作りいただいたのは、倉敷帆布(パラフィン加工)をメインに使ったレクタングルバッグ(上の写真)。

持ち手は、約2.5亳の本革。

倉敷帆布さんとコラボでお作りしたオリジナルストライプリネン帆布が、デザインポイントです。

 

 

 

 

娘が所属する吹奏楽部の演奏会があったため、児島へ前日入りできず、当日の始発の新幹線で児島へ向かいました。

着いたころには、会場も準備万端。

蛇の目ミシンさんが、職業用ミシン(HS75DBLHD9)を16台もご用意くださいました。

 

 


初日1回目の様子

 

ありがたく嬉しいことに、すべての回でお申し込みも満席。

倉敷帆布さんやコットンフレンドさん、蛇の目ミシンさんがサポートに入ってくださったおかげで、皆さまに無事に完成品をお持ち帰りいただくことができました。

 

 

 

初日2回目の様子

 

昨年に続き、今年も参加してくださった方がたくさんいらっしゃいました。

昨年のワークショップでお作りいただいたかごバッグを持ってきてくださる方も結構いらして、なんとも嬉しい限りです。

 

 

 

2日目 3回目の様子

 

岡山県内のほか、四国や福岡、東京や横浜などからも参加してくださった方がいらっしゃいまいた。

なんと!!82歳のとってもお元気で素敵な方もご参加くださいましたよ。

私も、80歳過ぎまで元気にソーイングを楽しみたい。

大きな希望をいただきました。

 

 

 

2日目 最終回の様子

 

マチと本体を縫い合わせるときの手順をお伝えした際、「目から鱗」ととても喜んでくださった方もいらっしゃいました。

本などでは詳しくお伝えしきれない部分まで、細かくお伝えできるのがワークショップの良さでもあります。

「また来年も待っています。」

「作ったバッグを愛用します。」

「とっても楽しい時間でした。」

…などなど、たくさんの嬉しいお言葉を頂戴し、ホクホクした気持ちで東京へ戻って参りました。

 

皆さま、ぜひ愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました♪

| WORKS | 00:00 | comments(0) |
ヴォーグ学園横浜校の日

ヴォーグ学園横浜校のレッスン日は毎月第四土曜日ですが、3月はイレギュラーで第二土曜日にさせていただきました。

今期最後のレッスン日。

完成された方の作品をお見せいたしますね。

 

 

「長く愛せる大人のバッグとポーチ」(日本ヴォーグ社)の中の作品をアレンジ。

富士金梅さんとコラボでお作りした、オリジナルのボーダー織クロスが久々に登場です!

本体にはミシン刺繍を、額縁部分には、ふっくらかわいい手縫い刺繍糸MOCOでボビンワークを施しております。

 

 

 

 

「増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」(日本ヴォーグ社)の表紙のバッグをアレンジ。

ファスナー付きの縦長ベーシックトートLを、リュックにアレンジされました。

オリジナルのストライプリネン帆布が、デザインポイントになっています。

使いやすいように、内ポケットのサイズや仕様にまでこだわっておりました。

(お見せできず残念…)

早速、通勤用に愛用されるようです。

 

 

 

 

同じく「増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」の中の作品をアレンジ。

お色を黒に、持ち手を長くして、内側には吊りポケットを。

写真では見えませんが、アウトポケットの口元は、1本1本糸を抜いてフリンジに。

マチに付けたトリコロールのグログランリボンが、黒に良く映えています。

大きめサイズですが、内布がなく11号帆布でお作りいただいたので結構軽く、ショルダー紐の幅もかなり太めなので、肩への負担が少ないバッグです。

 

 

 

 

「コットンフレンド 秋号」の連載用にデザインしたバッグ。

赤配色と濃紺配色でお作りいただきました。

柄合わせも完璧です!

配色1つで、印象がガラリと変わりますね。

 

4月はお休みとなりますが、継続してくださった皆さま、5月からもまた宜しくお願いいたします!

そして新しく入ってくださるお二人の方、お会いできることを楽しみにしております!

| WORKS | 23:04 | comments(0) |
ピンクッション

 

ある土曜日の朝。

(なかなかブログの更新ができず、保存した写真だけが増えていく一方です…)

お仕事で、久しぶりにハンドステッチを。

デザインを描くか、

ミシンを踏むか、

皆さまに作り方をお伝えするか…のお仕事が多く、針山を取り出したのは、何か月ぶりだろう。

 

 

 

 

愛用の針山は、小さなテラコッタの鉢の上にポンと置いて使っています。

この鉢は、カリフォルニアのスーパーで買った、その名も”ピンクッション”という名の植物が植えられていたもの。

バーコードシールにも”Pin cushion”と記されています。

 

ハンドステッチもたまにはいいですね。

無心になって、ひたすらステッチをしました。

Saraを使ったハンドステッチが、どんな作品になったのか…

お披露目はまだまだ先ですが、いろいろと想像しながら楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。

| WORKS | 11:27 | comments(0) |
無事終了

 

3/4に開店7周年を迎えられたボビナージュさん。

7周年おめでとうございます!!

記念して、アニバーサリーワークショップをさせていただきました。

 

 

 

 

お作りいただいたのは、カップポーチLとSサイズのセット。

「毎日使いたいバッグ&ポーチ」(ブティック社)の中の作品の生地替えです。

両サイズを同時進行でお作りいただきました。

 

 

 

 

「急いで作ったら、カップじゃなくて湯呑になっちゃうかも」「どんぶりになっちゃうかも」というお声もありましたが(笑)、皆さん、きちんとかわいいカップの形になりましたよ。

 

 

 

 

表布同士、裏布同士をきちんと合わせているところ。

返し口は、袋口となります。

 

 

 

 

周囲を一気にぐるりとミシン。

ミシン糸は、全ての工程でシャッペスパン30番の161.アイスグレーを使用しました。

本体のベージュと持ち手のストライプの両方に、馴染む色です。

 

皆さん、ぜひ愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました♪

| WORKS | 20:35 | comments(0) |
ヴォーグ学園東京校の日

kibi cafeきょうこちゃんが毎月作ってくれる焼き菓子。

今月は全粒粉のショートブレッドでした。

 

毎月第一金曜日はヴォーグ学園東京校の日。

今期、最後のレッスンの日です。

 

今期で卒業?される方が3名。

第一期生で、3年間1度もお休みされることなくレッスンを続けてくださったMさん、

まだ小学生のお子さんもいらっしゃり子育てや家事もまだまだ大変でしょうに、毎月長野より通ってくださったIさん、

いつも「先生の裁断は素晴らしいわよね〜」とおっしゃってくださりながら作ってくださったNさん。

レッスンにご参加くださり本当にありがとうございました♪

「本当に楽しいレッスンでした。でもまだ先生や皆さんと繋がれている気がしています。」といただいた温かいお言葉。

(インスタやフェイスブック?などでも繋がっているようです。)

嬉しいです。

毎月お会いできなくなるのはとてもとても寂しいのですが、またいつかイベントやワークショップなどでお会いできる日を楽しみにしております!!

 

継続してくださった皆さま、また4月から毎月お会いできることを楽しみにしております♪

新しくレッスンに参加してくださる皆さま(担当の方が、キャンセル待ちに登録してくださっている方にご連絡をしてくださることと思います。)、4月にお会いできることを楽しみにお待ちしております♪

 

どうぞ宜しくお願いいたします♪

| WORKS | 23:26 | comments(0) |
ヴォーグ学園横浜校の日

ランチ休憩では皆さんと一緒に、甘いものやしょっぱいものを頬張ります。

ちょっとした女子会のようです(笑)

 

ヴォーグ学園でのレッスンも、楽しいお仕事。

仕事と言えど、笑ったり、ランチを食べながらおしゃべりをしたり、鋭いツッコミがあったり、皆さんのアイデアに刺激を受けたり…

今日のランチの時間では、食後のおやつを頬張りながら、糖質について学びました(笑)

 

私のマヌケなミスはありますが(スミマセン…)、皆さんにきちんとバッグををお作りいただいておりますよ。

今回は、「増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」の表紙のバッグをアレンジされる方が多いです。

内布や内ポケットを付けたり、ショルダーにもなるようにDカン付きのタブを付けたり、リュックにもなる2ウェイにしたり…

サイズや配色もさまざま。

2回にわたってお作りいただいております。

来月の完成がとても楽しみです。

| WORKS | 22:24 | comments(0) |
<< | 2/34PAGES | >>