BLOG
CATEGORIES
ARCHIVES
ヴォーグ学園横浜校の日

 

毎月第四土曜日は、ヴォーグ学園横浜校の日。

おやつは、kibi cafeきょうこちゃんに作っていただいた、お塩のケーキとオーガニックハーブティ。

 

 

 

 

『増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ』(日本ヴォーグ社)の表紙の「たて長トートバッグM」をお作りになった方がおりました。

配色は本と同じく、グリーン×レモンイエローで。

ステッチカラーを効かせたミシン糸は、シャッペスパン30番の29.イエローです。

完成された作品を見て、生徒さんほぼ全員が

「新鮮なサイズ感」

「バランスが良いサイズ」

「大きく見えないのにA4サイズが入ってちょうど良いサイズ」

とワイワイ賑やかになるほど、大絶賛のサイズバランスです!

(またもや自画自賛 苦笑)

本当に、このサイズ感はかわいいと思っております。

(このバッグをお作りになった方は、配色をかえて、ご自宅で2個目をお作りになるようです。)

 

袋口がファスナータイプの「たて長トートバッグM」は、おススメですよ!!

ぜひ、作ってみてくださいね。

| WORKS | 23:57 | comments(0) |
オリジナルクロス柄帆布

photo by Lideeさん

 

富士金梅とコラボでお作りした、オリジナルのクロス柄帆布。

京都の熟練した職人さんが、手作業で染めている手捺染です。

布の通販リデさんでお取扱いが始まりました。

少しずつ少しずつ、オリジナルテキスタイル(Navy Blue Closet)をお取扱いしてくださるショップが増えてとても嬉しい。

 

リデさんでは、さまざまな帆布をお取扱いしております。

その他にも、口金や接着芯などのソーイング材料がございます。

実際のお色を見てあれこれイメージされたい方には、カラーサンプルもおススメ。

帆布を縫うときに欠かせないシャッペスパン30番もございますよ。

 

帆布を使ったものづくりをぜひお楽しみくださいね!!

| WORKS | 13:05 | comments(0) |
2回目無事終了

 

最新刊『増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ』の発売記念ワークショップの2回目を無事終了。

お作りいただいたのは、帆布のリュック。

2回目ということもあり、少しだけ気持ちにゆとりができました。

 

 

 

 

袋口は、巾着仕様で両脇を絞るだけでなく、更にホックも付けています。

打ち具と木槌を使って、思いっきりガンガンガンと叩いて付ける作業。(左)

最後の仕上げ、袋口に本革丸紐を通す作業(右)

 

皆さん、無事に完成されましたよ。

ぜひ、愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ボビナージュさん、川島商事さん、フジックスさん、ありがとうございました♪

 

| WORKS | 23:26 | comments(0) |
ヴォーグ学園東京校

毎月お願いしているkibi cafeきょうこちゃんの焼き菓子。

今月は、柑橘系のプチプチが爽やかな美味しいクッキーでした。

 

毎月第一金曜日は、ヴォーグ学園東京校の日。

皆さんに、お好きな配色でバッグをお作りいただいております。

その配色を拝見し、

「この配色新鮮だなぁ。」

「この配色かわいいなぁ。」

「こうくるか〜。」

などなど、毎回たくさんの刺激と新たな発見をいただき楽しい。

 

お二人の方が、ご自宅で作られた新作バッグを身に着けていらっしゃいました。

(どちらも長く通ってくださっているベテランさん)

お一人は、著書「毎日使いたいバッグ&ポーチ」の表紙のクロス柄バッグを、ベージュ×黒のクロス柄帆布で。

そして、同じクロス柄帆布でボートショルダーも!!

 

もうお一人は、持ち手に本革を使った帆布のミニボートバッグ。

袋口はファスナーマチ付きで、このファスナーマチは点と線模様製作所さんの刺繍生地Bird柄です。

 

どちらもこれからの季節にピッタリな、秋色配色。

本当に素敵で、生徒さんみんなで大盛り上がりでした 笑。

| WORKS | 23:46 | comments(0) |
展示会へ

 

最近、食べ物の写真ばかりになっておりますが、懲りずに?今日も美味しいモノの写真を。

『食いしん坊ブログ』と言われても仕方がない 笑。

 

朝からメーカーさんの展示会へ。

新商品などをいろいろ拝見し、たくさんの刺激をいただきました。

気になるものがいくつかあり、後日見本をお送りくださるとのこと。

楽しみです。

 

帰宅後、展示会でいただいたお菓子でおやつタイム。

| WORKS | 23:43 | comments(0) |
無事終了

 

最新刊『増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ』の発売記念ワークショップの初回を無事に終えました。

お作りいただいたのは「帆布のリュック」。

素材は全て、富士金梅ブランドのもの。

本体は純綿帆布10号(染薄糊付け加工)、配色は11号帆布、内布は綿厚織79号を使ったリュックです。

ミシン糸は、シャッペスパン30番の99.濃紺と131.ライトベージュを使用。

ミシン針は14号、針目は少し粗目の1cmに3針くらいの大きさで。

 

半年ぶりにボビナージュさんでさせていただいたワークショップは、ゆったりとした雰囲気で、ランチも皆さんとご一緒し、終始和やかムードでとても楽しかったです。

(相変わらず反省点も多く、私のマヌケなミスもあり…本当にスミマセン…)

皆さん、無事に完成されましたよ。

 

素材がしっかりとしたものなので、最初は絞りにくいのですが、馴染むと少しずつ絞りやすくなっていきます。

良質な帆布ならではの、経年変化をお楽しみください。

皆さん、ぜひ愛用してくださいね。

 

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました♪

ボビナージュさん、川島商事さん、フジックスさん、ありがとうございました♪

| WORKS | 23:51 | comments(0) |
ヴォーグ学園横浜校

 

毎月第四土曜日は、ヴォーグ学園横浜校の日。

8号帆布×麻帆布のバケツバッグをお作りいただきました。

(LサイズかSサイズどちらかお好きなサイズ、お好きな配色でお作りいただきました。)

 

 

 

 

袋口の巾着生地は、点と線模様製作所さんの刺繍生地mori。

(ボビンワークは6か月後から取り入れるので、今回は施しておりません。)

 

 

 

 

赤帆布以外でお作りになられた方の作品をご紹介。

イチョウ×麻帆布×刺繍生地moriのグリーン(左)

これからの季節にピッタリな秋らしい配色。

黒帆布×麻帆布×ご自分でご用意された巾着生地(右)

巾着布の刺繍は、ボビナージュさんのクリエイトルームを利用して、ミシン刺繍をされたとのこと。

皆さん、きれいに完成されましたよ。

ぜひ、愛用してくださいね。

 

 

 

 

今回のおやつは、kibi cafeのきょうこちゃんに作っていただいた「黒糖と麦こがしのケーキ」。

そして、有機カモミール&マヌカハニーハーブティでした。

 

あーっ!!!そういえば、ブログを更新する前に、キッチンでこのハーブティを用意していたのだった…

カップにお湯とティバッグを入れたまま、すっかり忘れていました。

もう20分以上も経ってる…苦笑

| WORKS | 23:00 | comments(0) |
追加開催決定『帆布のリュック』

 

ありがたく嬉しいことに、両日ともに早々に定員となった『帆布のリュック』のワークショップ。

新刊『増補改訂版 家庭用ミシンで作る帆布のバッグ』(日本ヴォーグ社)の発売記念ワークショップです。

キャンセル待ちの方も多数いらっしゃるので、追加開催が決定いたしました。

(品薄状態だという革ですが、メーカーさんがなんとか本革丸ひもを確保してくださいました。ありがとうございます!)

開催日は、9/25(火)・29(土)です。

気になる方は、ぜひnewsをご覧くださいね。

 

皆さまのご参加をお待ちいたしております。

宜しくお願いします♪

| WORKS | 12:21 | comments(0) |
コットンフレンド2018秋号

8/7にコットンフレンド秋号が発売されました。

「毎日持ちたいバッグ」大好評連載中です!!

毎年、秋冬になると気になり出すブラックウォッチ。

そんなブラックウォッチの帆布を使った、ラウンド型のショルダーとポーチを提案いたしました。

ワークショップも開催いたしますよ。

詳しくは、コットンフレンド秋号をご覧くださいね。

 

坂内鏡子さんとの連載「ハンドメイドの小さなプレゼント」では、表紙のバッグをお作りいたしました。

なんとこのバッグは、インテリアショップのラグを使ったもの。

内布無し、ラグを使っていることと、マチに縫い込むタイプの三角マチの仕様なので縫い代始末も一切無し!

簡単にあっという間に完成します。

ちなみに、「どこのお店のラグですか?」とのお問い合わせをいくつかいただいているので暴露いたしますと…

IKEAのラグです。

他に、紺、オリーブ、スモーキーピンクのストライプもありました。

(3か月ほど前に購入したものなので、今もお取扱いしているかどうか定かではないのですが…)

 

お気に入りのラグを見つけて、ぜひ作ってみてくださいね♪

 

| WORKS | 17:05 | comments(6) |
ヴォーグ学園東京校

 

TOKYO生地祭り2日目、私はヴォーグ学園東京校の日でした。

生徒さんたちとの話題もやっぱり「TOKYO生地祭り」のこと。

生徒さんも気になって仕方がないようで

「水道橋からだと電車で15分で行けるよ。」とか、

「ランチ休憩中、タクシーで行っちゃおうか?」とまで!!(笑)

(結局、断念されましたが…)

 

連日の猛暑、kibi cafeきょうこちゃんが用意してくれたお菓子は「お塩のケーキ」。

熱中症対策には、水分だけでなくお塩も必要。

そんなことを考えて、この「お塩のケーキ」を作ってくれたのかな?

ありがとう♪

| WORKS | 23:58 | comments(0) |
| 1/28PAGES | >>